再生医療とはどのような医療なのでしょう?

生体に本来備わった、自己治癒能力を引き出す医療です。

再生医療とは

再生治療とは、病気やケガで損傷を受けて低下、もしくは完全になくなってしまった臓器や組織の機能を患者さん自身の細胞によって修復することを目指す治療のこといいます。
2012年にノーベル賞を受賞した京都大学のiPS細胞の研究も、再生医療に関する研究です。これを機に、日本においても再生医療への関心が高まり、この治療分野が医療関係者以外の多くの人にも知られるようなりました。

再生医療の種類

再生医療に使用できると期待される細胞には、iPS細胞の他にもES細胞、HSC細胞、ADS細胞などがあり、世界中で研究が重ねられています。
この中で当院ではADS細胞(脂肪由来幹細胞)の働き[1]を利用した「培養幹細胞治療」をご提供しています。

<再生医療の種類>

細胞源 分化機能 安全性 手軽さ 倫理上の問題
①ES細胞
(胚性幹細胞)
ヒトの受精卵 ×
②iPS細胞
(人工多能性幹細胞)
ヒトの体細胞
③HSC細胞
(造血幹細胞)
自己骨髄、臍帯血、末梢血など
④ADS細胞
(脂肪由来幹細胞)
自己脂肪組織

再生医療は、ひざの治療にどう役立つのでしょうか?

従来の治療で効果が得られなかった痛みの軽減と、関節機能の改善が期待できます。

ひざ治療で受けられる再生医療は多種多様

現在整形外科領域(ひざ治療)で扱われている主な再生治療は、自家軟骨移植術、PRP療法[2][3]、脂肪由来幹細胞の投与(培養幹細胞治療)[4]の3つです。それぞれ、侵襲度や治療内容が大きく異なります。
当院では PRP療法培養幹細胞治療を扱いますが、より高い効果を期待する場合は両者の併用をお勧めすることもあります。

<ひざ治療で行われている再生医療>

自家軟骨移植術 PRP治療 培養幹細胞治療
当院での取り扱い なし あり あり
方法 自身の軟骨細胞を培養し、欠損部位に手術で移植する。 血小板に含まれる成長因子を抽出・活性化して患部に注射投与する。 皮下脂肪に含まれる幹細胞を抽出・培養して患部に注射投与する。
入院 要(約1ヵ月) 不要 不要
保険適用 不可 不可
適応症の規定
  • 外傷性の軟骨欠損
  • 離断性骨軟骨炎 のみ
    (変形性膝関節症や半月板損傷は適応外)
特になし
(変形性膝関節症や半月板損傷も適応)
特になし
(変形性膝関節症や半月板損傷も適応)
治療に要する期間 約2ヵ月(要入院/培養期間含む) 1日(外来のみ) 約1ヵ月(外来のみ/培養期間含む)
自家軟骨移植術

自家軟骨移植術は、外傷性の軟骨欠損や離断性骨軟骨炎に対して行います。これは自分の軟骨細胞を培養して作られた軟骨を欠損部分に移植する手術で、保険適応の治療です。ただし適応疾患が限定されており、中高年のひざ痛の原因疾患として多数を占める変形性関節症、半月板損傷などは適応外となります。

PRP治療

血液中の血小板を多く含んだ成分を抽出したものを多血小板血漿といいますが、この多血小板血漿を使った治療がPRP治療で、海外では頻繁に行われているとてもポピュラーな治療です。
ちなみに、当院で行っているPRP-FD治療は従来のPRPの成分をより濃縮し、成長因子を高濃度に構成したものを用います。

培養幹細胞治療

培養幹細胞治療はご自身の脂肪組織から得られた幹細胞を体外で約1ヵ月間培養し、抗炎症作用や組織再生に適した成分をより高濃度に生成したものを投与します。

再生医療のメリットとデメリット(リスク)を教えてください。

メリットは安全性が高く、既存治療以上の効果も期待できること。デメリットは、新しい治療法ゆえに長期的な経過に関するデータが乏しいことです。

医療なので100%断言はできませんが、当グループがこれまでに行った10,000例以上の治療実績において、治療後に重篤な副作用が生じた例はありませんでした。今後は長期的な安全性についても確認していきたいと考えています。

メリット
  • 従来の保険医療では改善しなかった症状に対しても効果が期待できる
  • 手術を希望しない方にとっての選択肢となり得る
  • ご自身の検体を使用するため、拒絶反応やアレルギー反応のリスクが低い
  • 従来の注射治療よりも長期間の治療効果が期待できる
デメリット
  • 保険がきかないため、治療費が高額であること
  • 新しい治療方法のため長期的な治療データが乏しい
  • 脂肪採取の際は5mm程ではあるものの、小範囲の傷ができる
  • 治療効果が出るまで、数ヶ月かかる場合がある

再生医療の治療後にリハビリは必要でしょうか

はい。当院の再生医療医療に限らず、治療後にリハビリを行うことは、回復を早める重要なファクターの1つです。

どのようなリハビリが必要か?

ご自身でできるリハビリとして主に筋力トレーニングがあります。大腿四頭筋(太ももの筋肉)・中殿筋(お尻の筋肉)のトレーニングをすることで疼痛の緩和が期待できるだけでなく、筋力によって関節にかかる負担をカバーすることが可能です。

<大腿四頭筋のトレーニング>

<大臀筋・中臀筋のストレッチ>

リハビリとの併用でより効果が期待できる理学療法

可能であれば、他の医療機関で温熱療法や低周波治療などの理学療法も合わせて受けられることをお勧めします。もしかかりつけの治療院がないようであれば、当院と提携する施設をご紹介することも可能です。お気軽にご相談ください。

再生医療が受けられないことはありますか?

患者様の状態にもよりますが、何らかの感染症にかかっている方、当院で定めている適応に該当しない方は治療をお勧めできません。

再生医療は全ての方が受けられる治療ではない

当院では、具体的に以下の合併症をお持ちの方に対しては、治療をお断りすることがあります。最終的な判断は医師の診察によりますが、その点のみご承知おきください。

<当院の適応外となりうる合併症>
  • 悪性腫瘍
  • 感染症
  • 重度の糖尿病
  • 血液の凝固障害

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00 〜18:00
    (年中無休/完全予約制)

WEBからの来院予約、
お問い合わせ、ご相談はこちらから

再生医療に興味をお持ちの皆さまへ

近年、PRP治療や幹細胞治療などの再生医療が、ニュースで取り上げられることも増えました。ただ、言葉は耳にするけれど、よくわかっていないという方もまだまだ少なくないでしょう。ただ、知っていれば変形性ひざ関節症をはじめ、ひざの痛みを治療する際のひとつの選択肢となり得ます。ここでの情報も、そのための参考にしていただければ幸いです。
当院には、ヒアルロン酸注射ではひざの痛みをコントロールできなくなった方や、人工関節や骨切り術などの手術を勧められているけれど、不安から踏み切れないといった方が多く来院されます。そういった患者さまに対しMRI診断を行い、症状やご希望もお伺いしながら、より良い治療法を検討・ご提案。疑問点について患者さまが質問できないようなことのないよう、時間も十分に確保し、ひざをつき合わせた診療を行っております。知らない治療ということでご不安かとは思いますが、再生医療のメリットやデメリット、費用(値段)についてもしっかりご説明いたしますので、安心してご相談ください。

情報提供を行った医師の紹介

東京ひざ関節症クリニック 渋谷院院長 古屋智之

恵比寿・渋谷院院長古屋智之

  • 保有資格

    日本整形外科学会認定 専門医

    日本整形外科学会認定 スポーツ医

    日本体育協会認定スポーツドクター

  • 所属学会

    日本整形外科学会

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。