こんな人は特におすすめです

ひざにヒアルロン酸を注射するイメージ

医師が問診しているイメージ

  • なぜ今の治療が効かないのか分からない
  • 自分に合った治療を探している
  • 再生医療が適しているか事前に知りたい
  • 治療を決める前に専門医に相談したい
  • セカンドオピニオンを考えている

MRI検査で再生医療の適応診断を受けてみませんか?

MRI検査で再生医療の適応診断を受けてみませんか?

当院がご提供する再生医療、およびそれに準じた新しい治療法は、従来の保存的治療で十分な効果が得られない、または手術しか選択肢がないと思われていたひざ痛も改善しうるものです。しかし、全ての方に奏功するわけではありません。
効果が期待できるかどうかを見極めるために重要になってくるのが、MRIによる画像診断です。当院ではこのMRI検査と、専門医による適応診断がセットになった「MRIひざ即日診断」をご用意しています。「高額な治療を受けたのに効果が得られなかった」という最悪の事態を避けるためにも、ぜひご検討ください。

ご予約から診断までの流れ

  1. ご予約
    まずはページ末尾のご予約フォーム、またはお電話でお問い合わせください。
  2. MRI撮影
    指定された日時に検査施設へお越しください。
  3. カウンセリング
    検査結果を受け取ったら、そのまま当院へ。ドクターのカウンセリングを受けていただきます。施設から当院への移動距離は、徒歩5〜10分程度です。
  4. ご帰宅
    カウンセリングが終了したら、ご帰宅いただけます。治療を受けるかどうかは、後日お返事いただく形でも結構です。

MRI検査で関節内部の詳細な情報を得ることができます

変形性ひざ関節症を診断する際、一般的にはレントゲン撮影が行われますが、これだけは治療方針の判定が難しいことがあります。レントゲンは骨の変形を知ることはできますが、その他の組織の状態まで把握することはできないからです。その方にとって本当に適した治療は何なのかを検討するには、こうした詳細の情報が欠かせません。
その点、MRI検査は骨の内部や軟骨、半月板、靭帯の問題を可視化することができます。また出血や炎症、腫瘍や水腫の有無も確認できます。磁気を利用しているので、他の画像検査のように放射線被爆がない点も特徴のひとつです。

古屋院長によるMRI解説動画

実際の症例1

74歳・女性/変形性膝関節症(末期)

  • 年齢・性別
    74歳・女性
  • お悩み
    特に原因はないが、5年ほど前から徐々にひざの痛みが出てきた。
  • 画像所見
    正常な半月板は通常黒く描出されるが、損傷や異常が認められる場合は白く映し出されるのがMRI画像の特徴。この症例の場合、特に内側の半月板が白く濁っていることが見て取れる。このことから、内側の半月板がひどく損傷していると考えられる。外側も若干濁って見えるが、これは年齢に相応するものであり損傷の程度は軽い。
    半月板の損傷の影響で、内側については骨内部も白く濁って見える。これは骨内部が出血していることを意味する。
    骨表面の軟骨もかなり薄くなっている。これに炎症が伴って、画像上は白さが際立ってきている。
  • 診断
    変形性膝関節症(末期)

実際の症例2

79歳・女性/変形性膝関節症(末期)

  • 年齢・性別
    79歳・女性
  • お悩み
    特別なきっかけはなく、7〜8年前から徐々にひざが痛くなってきた。
  • 画像所見
    MRI画像上、半月板は黒い三角形で描出されるが、この症例の場合、外側の半月板は比較的正常に保たれている。一方、内側は半月板がほぼ無くなっていて、骨と骨が直接触れ合っているような状態になっている。その結果、骨の中に出血が起こっている。画像上、白く濁っている箇所がそれに当たる。これは骨挫傷または骨髄浮腫と呼ばれる。こうした状態は正常な外側には見られないことから、内側がかなり痛んでいることがわかる。
  • 診断
    変形性膝関節症(末期)

MRI検査でわかること

MRIは体内の水素原子を磁力と電波の力で振動させ、原子の状態を画像にする検査です。この検査がなぜひざ関節症の診断に有効かを解説します。

MRI検査で得られる情報

骨の形状だけでなく、骨の内部や軟骨、半月板などの状態、筋肉の炎症や出血まで確認可能です。
さまざまな組織の細かい変化を映し出せるので、変形性ひざ関節症の予備軍〜初期など早期の診断がより的確に行えます。軟骨、半月板、靭帯、骨の内部の炎症、水がたまった状態などから今後のリスクの予測にも役立ちます(半月板の変性や骨の炎症、水たまりなどは、人工関節のリスクに影響しているという研究報告もあります)。

MRI で得られる情報
半月板 変性や断裂の程度、正常な位置からどのように逸脱しているかといった位置関係がよくわかります。
軟骨 加齢や運動によってどのくらい軟骨が失われているか(「菲薄化」、「欠損」と言います)の判別に有効です。
レントゲンやCTでは見逃しやすい骨髄浮腫や骨壊死、さらに骨嚢胞、ガングリオン等の存在を確認できます。
靭帯 変性、断裂の予測が可能です。

レントゲンやCTとの違いは?

レントゲンやCTは骨の形に関する情報が得られます。一方、MRIでは組織の性状(各組織がどういった状態か)に関する情報が得られます。MRI、CT、レントゲンはそれぞれ異なる方法で別のものを見ているので、どちらがより優れているというものではありません。ただ、関節痛のように、単に骨の形だけが問題ではないような場合には、MRI から多くの有益な情報が得られるのは事実です。

MRI レントゲン/CT
評価可能な
ひざの組織
半月板、靭帯、軟骨、骨
得られる情報 組織の性状 組織(骨)の形状
検査時間 30分~1時間 数十秒~数分
放射線被ばく なし あり
受けられない人 ペースメーカーを入れている
閉所恐怖症
特になし

「MRIひざ即日診断」の5つのメリット

自由診療を行う当院でMRI検査をおすすめする理由

1. 治療の適性をより正確にチェックできる

治療の適性をより正確にチェックできる

当院が行う再生医療(及びそれに準じた治療)には、ひざ痛を大幅に改善するポテンシャルがあることはお約束します。しかし、全てのひざ痛に等しく効果が得られるわけはありません。ですから、どの程度の効果が期待できるかを事前に把握しておくことは非常に重要です。MRI検査で得られる情報は、その予測精度を格段に引き上げてくれます。

2. 待機期間を大幅に削減できる

待機期間を大幅に削減できる

一般的な総合病院で関節のMRI 撮影を行う場合、1ヵ月程度の待機を求められることは少なくありません。多種多様な患者さんを扱うこうした医療機関では、生命の危険に直結するケースへの対応がまず優先されるからです。その点、当院の「MRI ひざ即日診断」なら、提携施設での検査予約を優先的にお取りできます。最短でお申し込みの2日後からご予約可能です。

3. 当日は待ち時間が一切なし

当日は待ち時間が一切なし

「MRI ひざ即日診断」は、完全予約制なので、待ち時間は一切ありません。検査と診察だけで1日使ってしまうという心配は不要です。検査開始からその後の専門医の診察まで含めて、トータルで3時間程度とお考えください。ご来院の前後にご予定を入れていただいても差し支えありません。患者さまの大切な時間を無駄にしないことをお約束します。

4. 専門医のカウンセリング時間をしっかり確保

専門医のカウンセリング時間をしっかり確保

完全予約制なので、医師との面談時間もしっかり確保することができます。急患のために医師が中座したり、順番が前後したりといったことはありません。また、医師の代わりにカウンセラーが対応するようなことも致しません。整形外科学会認定の専門医が時間をかけてお話を伺い、MRIの検査所見に基づいて最適な治療法をご提案いたします。

5. 検査費用がリーズナブル

MRI検査を自費で受ける場合、一般的には¥25,000〜40,000程度かかります。一方、当院の「MRIひざ即日診断」では¥8,000程度です(初診料を含めても¥12,000程度です)。これは3割負担の保険診療でMRI検査を受ける場合とさほど遜色のない価格帯と言えます。撮影画像は差し上げますので、他院でセカンドオピニオンを伺う際などにもご活用いただけます。

「MRI ひざ即日診断」の料金
初診料 ¥3,300医師による問診・診察
MRI 検査 ¥8,000程度
合計 ¥12,000程度

MRI即日診断のご予約

以下のフォーム、またはお電話からご予約いただけます。
0120-013-712

1.ご予約内容を入力

  • 必須
  • 必須
  • 必須
  • 任意